GMOワイマックスキャッシュバック特典

GMOワイマックスキャッシュバック特典が選ばれる理由とは?

GMOワイマックスキャッシュバック特典での入会を検討されてますか?

 

GMOワイマックスを選んで失敗しないか、ご心配でしょうか?

 

私も大丈夫かなと少し心配でしたが、思い切って申し込んでみました。
↓ここで
GMOとくとくBB いちねん契約+キャッシュバックキャンペーン

 

申し込んで5日後にWIMAXルーター端末が届き、
充電して、電源ONでWIMAX回線契約認証が無事に完了!

 

スマホでWI-FI接続も簡単にできました。

 

ところで、GMOワイマックスのキャッシュバック特典で注意しなければならないのは、

 

いちねん契約と、にねん契約の2種類の特典があることです。

 

私の場合は、1年でルーター端末を機種交換したいので、
いちねん契約を選びました。

GMOとくとくBB いちねん契約+キャッシュバックキャンペーン

 

やはりルーター最新機種は性能やパワーがアップして、連続通信時間も長くなりますからね。
それと、1年後にはWIMAX2+が本格的に使えるかも知れませんからね。

 

GMOワイマックスのいちねん契約は、6ヶ月利用で、12,000円キャッシュバックもらえます。
1年後の更新月に解約すれば違約金の16,380円は請求されなくて済みます。

 

そのまま使い続けたいなら、23ヶ月で、更に10,000円のキャッシュバックがもらえて、
合計22,000のキャッシュバックとなります。

 

最初から2年以上使う予定なら、
にねん契約コースが、30,000円のキャッシュバックとなり、かなりおトクです。

GMOとくとくBB WiMAX30,000円キャッシュバックキャンペーン

 

どちらのGMOワイマックス契約コースも、
入会事務手数料が無料!
ルーター端末が無料、送料も無料!
初月月額料金が無料!

 

初期費用がすべて無料なのがGMOワイマックスキャッシュバック特典が選ばれる理由です。

 

ちなみに充電に便利なクレードルはオプションで2,625円です。
やはりあると何かと助かるので私は購入しました。

 

あなたなら、
GMOワイマックスキャッシュバック特典で、
いちねん契約」と「にねん契約」のどちらを選びますか?

 

【参考サイト】

 

GMO WIMAXキャッシュバック特典で入会前のチェックポイント

 

GMOワイマックスキャシュバック特典は本当におトクなのか?

 

 

ワイマックスの知っとく情報

実は海外の一部の国でも、日本国内と同じ便利なWiMAXサービスでネットを楽しめます。今は、アメリカ合衆国ならびにお隣韓国において利用ができます。だけど今のところは、WiMAXを搭載したパソコンのみ利用可能な状態です。

最速の回線である光回線は、固定電話と異なり、固定回線なんだけれどもモバイル回線より月額の利用料金が高額になるものなので、一本化したら相当の額の毎月の通信にかかる費用を賢く節約することが可能です。

お得なAUスマートバリューの適用されるタイミングについては、両方が一緒で無くても可能ですから、他社からAUに移ってから、AU光などの、スマートバリューの適用が可能な回線の申し込みをしていただくという手順によってもよいのです。

便利なWIMAXを利用していただくためにはWiMax専用のデータ端末機器を準備しなければいけませんが、"通常は10000〜20000円"程度で売っています。いくらかは割引販売している会社もあるようですし、

大きな違いはスマートフォンのテザリング機能を利用する場合では、一定の通信量をオーバーしたら回線の速度制限がかかってしまい、ここぞというときに通信不可になってしまいますが、WiMAXを利用すればそんな通信量による利用制限がないからおススメです。


外出先でもインターネットに接続して利用したいならお手軽なwimaxがおすすめですが、ご自宅や事務所といった普段は決まった場所がメインで使うケースでしたらADSLで無線LANを設定していただくほうが低価格であるし通信回線の状態もずいぶん安定してるのです。

iPadやNexusなどのタブレット端末は機能の面では、ノートパソコンを簡略化したようなものと言って構いません。パソコン同様メールの送受信や文書を閲覧したり写真や映像を見るなど色々な機能が使用できます。そして操作の面からいうと、スマホの操作とほぼ同じといえます。

手ごろな価格の無線LANルーターが準備できて接続することでiPhoneであってもWi-FIを利用してすぐにインターネットに接続できちゃうんです。ルーターはネット通販で3000円程度から手に入れられます。

通信量が多くて容量規制が適用されると通信速度を極端に絞られます。こんな通信規制が無いのは実はWiMAXだけなんです!余談ですがXiとかLTEは、規定の追加料金を支払うことで規定の通信量まで回線の規制が解除される仕組みです。

毎日の通勤あるいは通学の途中でぜひともスマホとかタブレット端末を利用したいのならWiMAXとフレッツ光との両方の費用を比べた場合は圧倒的にWiMAXを選んだ方が使いやすいのでぜひWiMAXにしてください。


もちろん東京や大阪のような都市部に長い時間いるようならWimaxがいちばんおススメです。しかし今頃は学校とか飲食店ではフリーのwi-fiスポットが多くなっているので逆に無用ともいえます

確かに無線LANが利用可能な場所が増えていますけれど、いくら増えていても、昔、携帯電話を持っていなかった時代、街中で公衆電話を求めてあちこち歩き回ったときのように、ネット接続のために無線LANスポットを探しているというわけです。

話題のWiMAXでしたら通信量による利用制限がなく、たくさん利用してもエクストラチャージは不要。1年間の継続利用で"そのまま衝撃価格の「月額3880円で"使い放題」でお手軽に誰でも安心して

WiMAXというのはその使用する電波の性質上建物の中では電波が届きにくくなっています。特にコンクリート製の住宅だとかビル、商業施設の中ではけっこう圏外になってしまいがちな大きな弱点があることを忘れないでください。

最近人気のWiMAXは早くて10M位、一般的には約1.5〜5Mで回線速度は安定しないものだと思ってください。また電波の入らない所ではいくらエリア内でも利用不可能です。